グノシーが「エンタメ一辺倒」から脱却図る理由

広告不正で曲がり角、「第二の創業」舞台裏とは

広告不正という目の前の課題にはひとまず対処したグノシーだが、社会的信頼の回復や再成長への道筋設計は道半ばだ。2人代表の新体制となり早速さまざまな手を打ち始めているが、中でも注力するのが、同社最大の特徴ともいえる「アルゴリズム」の変革だ。

グノシーのアプリ上で表示される記事は、これまでエンタメ記事が多くなる傾向があった(写真:グノシー)

アルゴリズムとは、アプリ上で表示する記事を各人の好みに最適化(パーソナライズ)するための仕組み。ユーザーが読む記事のジャンル、内容などを機械学習することで、例えば「テレビ番組への興味関心が強いAさんにはエンタメ系記事を、仕事関係の情報収集に注力しているBさんには経済記事を」という具合に判断していく。

ただ実態として、人々の関心を集めやすいのは芸能ゴシップなどのエンタメ記事である。竹谷社長も「ユーザーの読みたい記事を最優先すると、(グノシー上で表示するのも)どうしてもエンタメ記事が多くなる」と話す。その結果グノシーは業界内でも、全体のバランスを重視し政治・経済などの堅いニュースも積極掲載する競合と比べ「エンタメ色の強いアプリ」と言われるようになった。

浮上してきた新たな問題

一方で昨今は、検索サイトやSNS、ニュースアプリを巡ってフィルターバブル(ユーザーの意に沿わない情報や主張をアルゴリズムが遮断してしまう現象)やエコーチェンバー(閉鎖的コミュニティの中で自分と同意見の人々だけのやり取りが繰り返されることで、その意見が社会全体で正しいと誤認してしまう現象)などの問題も指摘される。

今後はこうした問題を助長するメディアへの広告出稿を控える広告主が増える可能性もあり、サービスの提供企業にとっても無視できない要素となりつつある。

こうした社会的な要請も踏まえ、グノシーも自社のアルゴリズム変更に踏み切った。詳細は明かしていないが、同社ではアルゴリズム設定に2つの軸を据えているという。 1つは、その人の興味関心に限らず「世間一般で注目されている・注目すべきニュース」、 2つ目は従来方針の延長である「その人の周辺で流行している情報」だ。こうしたロジックで政治・経済・社会などのニュースを織り交ぜることで、純粋にユーザーの好みだけに偏りすぎないラインナップを目指していく。

加えて「『エロ』と表現される、情報としてふさわしくないニュースが表示されないアルゴリズムに変更している」(同社広報)。今後も継続的に刷新していく予定だ。

次ページスマートニュースやヤフーニュースとの差別化は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT