なぜ今チキン?絶好調ケンタッキー2つの勝因

コロナ禍でも最高益、外食「勝ち組」に躍り出る

中長期的な視点でKFCを見れば、業績のさらなる躍進のためには、新たな需要の創出や新規出店も欠かせない。この2~3年、KFCの業績が右肩上がりできたのには、これまでクリスマスやお盆といった「ハレの日」に利用が集中していたところを、割安なランチ施策などによって、「日常食」として需要を切り開いたことが大きい。

新規客や休眠客を掘り起こし、日常利用しやすい価格帯と定期的な新商品を提供して、リピート客へと定着させる戦略が奏功したわけだ。KFCと聞いて、クリスマスでしか食べたことがない、しばらく行っていないという潜在的な客層はまだまだ多い。いずれコロナ禍が収まり、他の外食が復活してきたとき、今の延長のままでは、いつかは限界を迎えてしまう。

かつて日本マクドナルドは「夜マック」を打ち出し、弱点だった夜間の需要を作り出した。いまだ季節性の強いKFCには、シーズンや時間帯、客層で伸びしろのあるマーケットを探り出し、新しい需要を掘り起こす施策が求められよう。目下、「フレーバーレモネード」というドリンク商品で、アイドルタイム(昼と夜の間の閑散時間帯)の強化や客単価の上昇を図っているが、こうした一手を途切れることなく連打しなければなるまい。

現在の国内1131店舗体制は維持か拡大か

国内の店舗数は1131店舗あるが(2020年6月末)、現在の体制をどうするかも今後の注目点だ。既存店がフル稼働する時間帯が増えてくると、来店客がこれ以上増えても、対応しきれない事態も考えられる。新規出店によってこうした機会損失を防いだり、ニーズのある新たな商圏を獲得したりすることも、将来的に必要になってくる。

コロナ禍にあって思わぬ活況を呈したケンタッキーフライドチキン。日本上陸から50年、株式上場から30年が経ったが、成長ポテンシャルはまだ十分ある。大きなビジョンを描きながら、顧客のニーズに沿った目の前の施策を、1つひとつ積み重ねていくことが求められる。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT