ウォルマート、「TikTok」の買収に参戦表明 

マイクロソフトと連携、当局の懸念を解消

米小売大手ウォルマートは27日、マイクロソフトと連携し、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業買収に乗り出すと発表した。ペンシルベニア州ブラッドフォードで7月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[27日 ロイター] - 米小売大手ウォルマート<WMT.N>は27日、マイクロソフト<MSFT.O>と連携し、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」買収に乗り出すと発表した。

関係筋によると、ティックトックを運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は、北米、オーストラリア、ニュージーランド事業の売却を巡り、マイクロソフトや米ソフトウエア大手オラクル<ORCL.N>と初期段階の協議を進めている。

ウォルマートは声明で「ウォルマートとマイクロソフトとの連携が、米国内のティックトックのユーザーの要望に満たし、米規制当局の懸念を解消すると確信している」との見方を示した。

ウォルマートとマイクロソフトは、クラウドや人工知能(AI)で5カ年の提携契約を結んでいる。

発表を受け、ウォルマートの株価は午後の取引で約5.3%上昇した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT