米S&P500、ナスダックが26日も過去最高値更新

米国株式市場は続伸。S&P総合500種指数は4営業日連続で終値での最高値を更新した。ウォール街で2016年12月撮影(2020年 ロイター/ANDREW KELLY)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国株式市場は続伸。S&P総合500種指数<.SPX>は4営業日連続で終値での最高値を更新した。新型コロナウイルスの流行以降、好調に推移している大型モメンタム株が引き続き選好された。

ナスダック総合<.IXIC>も連日で終値での最高値を更新。最高値更新は今年に入り39回目。2019年は通年で31回だった。ダウ工業株30種<.DJI>も上昇したものの、依然としてコロナ禍前の水準を約4%下回っている。

顧客管理ソフト大手セールスフォース<CRM.N>は26%急伸。前日発表した第2・四半期(5─7月)決算は、売上高が市場予想を上回った。コロナ感染拡大で在宅勤務の導入が進む中、同社のソフトを使用する企業が増えたことが寄与し、通期の売上高見通しも上方修正した。

ネットフリックス<NFLX.O>は11.6%上昇し、約3年ぶりの大幅高となった。年初来69%強値上がりしている。

フェイスブック<FB.O>も8.2%上昇した。

ノバポイントのジョセフ・スロカ最高投資責任者は「大型ハイテク株が相場の上昇を主導した」と指摘。「コロナ感染状況がどう転んでも、これら企業の事業は継続するという信頼感がある」と指摘した。

S&P500の主要11セクター中、通信サービス<.SPLRCL>が上昇を主導。

一方、エネルギー<.SPNY>は2.2%下落。米国に接近中のハリケーン「ローラ」が勢力を強め、5段階中2番目に強い「カテゴリー4」に発達。テキサス州とルイジアナ州の州境近くのメキシコ湾岸に壊滅的な被害と「生存不可能な高潮」をもたらすと予想されている。

S&P1500航空株<.SPCOMAIR>も1.8%安。ホワイトハウスは、コロナ禍の甚大な影響を受けている航空会社による大量解雇回避に向け、トランプ大統領が大統領令を発令する可能性があると明らかにしたものの、株価押し上げにはつながらなかった。

百貨店ノードストローム<JWN.N>も5.5%下落した。第2・四半期(8月1日まで)決算は、コロナ禍に絡む店舗閉鎖が響き、予想よりも大幅な赤字となった。

27日のパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の講演が注目される。パウエル議長は、カンザスシティー地区連銀開催の年次経済シンポジウムで、FRBによる金融政策の枠組み見直しについて講演する。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.29対1の比率で上回った。ナスダックも1.34対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は85億5000万株。直近20営業日の平均は94億2000万株。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 28331.92 +83.48 +0.30 28257.8 28353.8 28153.9 <.DJI>

8 0 1

前営業日終値 28248.44

ナスダック総合 11665.06 +198.59 +1.73 11516.6 11672.0 11507.4 <.IXIC>

2 5 6

前営業日終値 11466.47

S&P総合500種 3478.73 +35.11 +1.02 3449.97 3481.07 3444.15 <.SPX>

前営業日終値3443.62

ダウ輸送株20種 11126.55 -0.46 0.00 <.DJT>

ダウ公共株15種 798.89 -11.91 -1.47 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 2250.23 +7.17 +0.32 <.SOX>

VIX指数 23.23 +1.20 +5.45 <.VIX>

S&P一般消費財 1254.67 +18.11 +1.46 <.SPLRCD>

S&P素材 398.23 +3.84 +0.97 <.SPLRCM>

S&P工業 655.85 +0.31 +0.05 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 663.41 +0.68 +0.10 <.SPLRCS>

S&P金融 411.67 -1.98 -0.48 <.SPSY>

S&P不動産 221.82 -1.66 -0.74 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 266.85 -6.09 -2.23 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1243.59 -1.52 -0.12 <.SPXHC>

S&P通信サービス 211.97 +7.59 +3.71 <.SPLRCL>

S&P情報技術 2143.23 +43.05 +2.05 <.SPLRCT>

S&P公益事業296.83 -3.62 -1.21 <.SPLRCU>

NYSE出来高7.86億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 23290 + 70 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限円建て 23280 + 60 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT