コロナ後に淘汰されやすい人のヤバい行動7つ

今の習慣や行動が仕事に悪影響を及ぼす訳

そもそも、私たちは知らない間に教え込まれた価値観に縛られて生きています。だからこそ、これまでの「当たり前」や「常識」と考えられてきたものに対して「本当にそうだろうか」という疑問を持たない状態は非常に危険であるといえるでしょう。

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

コロナによる社会的な大きい動きの中で、新しいやり方が模索され始めています。今までのやり方がこれまでどおり正しいということはなく、常識や固定観念で凝り固まった頭のままでは、大きな変化の中に埋没してしまいます。あなたの行動はいかがだったでしょうか。

私自身も今のこの大転換において「置いていかれるのではないか」という焦燥感はすごくあります。ただそれと同時に、「ものすごい大きなチャンスなのでは」という期待も膨らんでいます。なぜなら、この瞬間こそ、自分も大きく変わり、成長するチャンスだからです。

時代はつねに流動的ですが、これほど流れの速い時代はこれまで類を見なかったもののように思います。だからこそ今の現状がベストなのかを考え続け、不必要なものは即座に捨てる、ということが大切なのです。それは考え方や習慣、人間関係にも当てはまることです。

起死回生の最強行動指針は「捨てる」

私はかつて不良でした。昭和、平成の価値観の中で「なぜ人に言われたとおりにしなければいけないのだろう」「本当に先生の言うことは正しいのか」とつねに疑ってきたように思います。

『捨てる。だからずば抜ける。 常識や固定観念に左右されないための47のこと』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

そのことで今の自分にとって本当に大切なものは何かを選び取り、不要なものを捨て去ることができ、本当にやりたいことを達成できたのだと思っています。だからこそ、重要なことは、つねに自分の現状を疑い、余計なものを捨てるということです。

あなたの身の回りにある「不要なもの」はなんでしょうか。「一般常識」「固定観念」「古い慣習」「思い込みや偏見」「我慢していること」「嫌なこと」「重荷となる人間関係」……など、いろいろあると思います。

これらの羅列に何かを感じているとすれば、それは次の時代に進もうと感じているあなたからのサインです。

ぜひ何が必要で何が不必要化をしっかりと見極め、選択し、捨て去りましょう。そうすることで本当に大切なもの、本当にやりたいことだけが自分の中に残るはずです。混沌とするこれからでも、自分自身を見失わないためにできる第1歩目を踏み出し、新しい未来を今から創り出しましょう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT