ゴディバ「ショコリキサー」圧倒的に売れる魅力

1日1.2万杯、冷たいチョコドリンクが夏を癒す

定番4種「ダークチョコレート72%」「ホワイトチョコレート27%&バニラ」「ミルクチョコレート31%」「ダークチョコレート85%」はすべて持ち帰りの場合で630円(税込)(写真:ゴディバジャパン)

2007年には、ゴディバ初の「キオスク型店舗」が、新丸ビルと新宿西口にオープン。JRや地下鉄の改札近くにあるスタンド風の店なので、通勤途中の男性も、多忙なビジネスパーソンも、駅の売店と同じ感覚で利用できる。

人気は非常に高く、昼の休憩時間や、仕事終わりに購入していくスーツ姿の常連客も多いという。ちなみにゴディバジャパンのデータによると「ショコリキサー」を購入する男女比率は、現在、男性33%、女性67%となっている。

新丸ビル(上)と新宿西口(下)にあるキオスク型店舗。駅の改札が近く、男性客が多い(2020年8月に筆者撮影)

健康志向を反映

2018年からは、消費者の健康志向を反映した。カカオの健康効果への注目を踏まえ、定番フレーバーすべてにカカオの含有量を表示。甘いものを控えたい人にも「ダークチョコレート85%」「ダークチョコレート72%」というわかりやすい選択肢ができた。

フルーツなどを使った味のバリエーションが多いのも特徴だ。定番に加えてつねに期間限定フレーバーがある。日本で、日本人の嗜好に合わせたフレーバーを開発しているので、他国では味わえない。2020年は、16種類の期間限定商品を予定しているという。

ところで「ショコリキサー」を日本でいちばん売るショップはどこにあるのだろうか。

次ページそれはあのアウトレット
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT