カブトムシの「大きさ」あんなにも差が出る理由

成虫の大きさのカギをにぎる幼虫時の過ごし方

それは、葉っぱの中に、イモムシの成長を早める成分を含む、という戦略です。この葉っぱを食べたイモムシは、ふつうより早く脱皮を繰り返すようになります。そして、ふつうの幼虫に比べて葉っぱを十分に食べることなく、早く大人のチョウになってしまうのです。

葉に毒が含まれているのであれば、前述のとおり、イモムシも必死になって、進化のなかで対抗策をとります。しかし、イノコヅチの場合は、食べてもちゃんと成長して大人になれるのですから、イモムシも文句はありません。成長が早まる葉を喜んで食べ、チョウになって飛び立っていきます。こうして、イノコヅチは、やっかいなイモムシを早々に追い払ってしまうのです。

小さく育つ成虫の末路

早く成虫になることは、よいことのようにも思えます。しかし、幼虫であるイモムシにとっては、あくまでたくさん食べることが仕事です。たくさん食べて、たくさん栄養をつけることが、立派なチョウになるために必要なのです。十分に葉っぱを食べることができずに、早く大人になってしまったイモムシは、先ほどのカブトムシの例と同様、小さな成虫にしかなれません。

『生き物が大人になるまで』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

このように、しっかりとした子ども時代を過ごすことができず、こぢんまりとした小さな大人になってしまった成虫には、卵を産む力はありません。こうしてイノコヅチは、イモムシを退治しているのです。

「早く大人になってしまえ」。それが、イノコヅチの恐ろしい作戦です。

もしかしたら、私たちは知らず知らずのうちに、子どもたちに対して同じようなことをしてはいないでしょうか。もし、大人びた「小さな大人」のような子どもたちが増えているとしたら、それは何だか恐ろしいことです。しっかりとした大人になるためには、しっかりと子ども時代を過ごすことが大切なのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT