官邸発「ワーケーション」は働き方を変えるのか

SNS上であがる反発の声、課題は時間の自由度

――ワーケーションを認める企業側は、労務規定の修正に苦心するのではないでしょうか。

たなか・あつし/山梨大学大学院教授。横浜国立大学卒業後、JTBに入社。インバウンドなどの業務に従事し、社内で福利厚生系ベンチャーの起業に参加。JTB総合研究所を経て、2016年から現職(写真:本人提供)

新型コロナウイルスの影響により、リモートワークをする人が増えている中、働く場所は厳密に管理されなくなった。子どもがいるからと言って実家で働いていても、上司から怒られることはない。

また、疲れたから気分を替えようとカフェで作業をしていても、何も言われなくなった。働く場所の自由度は高まっている。

これに対して、時間の自由度はまだ厳格な部分がある。テレワークでも「何時から何時まで働いてください」と指示し、パソコンのアクセスログなどから出退勤をチェックするケースが多い。ワーケーション導入によって、企業は労務管理規定に対する考え方を変える良い機会になるかもしれない。

ワーケーションに反発の声も

――ワーケーションによって、労働者が不利益を被ることはないのでしょうか。

ツイッターなどを見ると、「休暇中にもかかわらず、働けと言われるのでは」などとアレルギー反応を示すコメントは多い。

ただ、世の中の管理職は、休暇中でも急な仕事があれば対応しているのが実情だ。すでに多くの労働者が「隠れワーケーター」となっている。ワーケーションは、休日に業務をこなしている労働者と企業の間で、業務を包含した休暇を正式に認め合う管理制度と考えるべきだ。

やりたい人は(ワーケーションに)チャレンジしてほしいし、プライベートと業務の時間は絶対混在させたくないという人はやらなければいい。(ワーケーションによって)ライフスタイルの自由度が高まるという解釈が一番適切だ。

次ページ日本では五輪対策として発案された
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT