1980年代のパリ、ロンドン「猛烈な暑さ」の記憶

真夏に初めて出かけた彼の地で浴びた洗礼

1980年代に行った真夏の欧州の取材旅行では予想外の展開が待っていた(イラスト:LEON編集部)
日本各地で猛暑日が続いている。そんななか、筆者はふと思い出すことがあるそう。1980年代半ば頃、仕事で向かった先パリ・ロンドン。夏の欧州で起きたハプニングとは?

欧州の夏で思い起こされる悪夢

猛暑が続いている。毎日、ほんとうに暑い! 現代病に犯されたヤワな身体は、とても冷房なしでは過ごせない。もし、停電して冷房が停まったらどうしようって、けっこう真剣に考えたりする。僕も家内も暑さにはからきし弱いので……。

本記事はLEON.JPの提供記事です

だから、わが家の旅は冬に集中している。夏の旅はしたことがない。夏は「家でじっとしている」だけ。昔からだ。でも、仕事の旅は季節を選べない。猛暑に耐えて旅することも受け容れなければならない。

そんなことで大変な思いをした旅があった。行き先はパリとロンドン。1980年代半ば頃だったと思う。ある雑誌から「パリ/ロンドン、夏の散策……」みたいなテーマの仕事を頼まれた。「写真と文……すべてお任せ」の取材依頼だった。

僕は引き受けた。夏の欧州は好きではなかったが、まあ「仕事だから」引き受けた。「旅のお世話に編集者を同行させます」とのことだったが、丁重にお断りした。1人旅のほうが気楽だし、自由度が高いからだ。

飛行機とホテルの手配だけを頼んで、あとはすべて1人でやることに。で、8月初旬だったと思うが、まずパリに飛んだ。「パリは暑い」という情報がなんとなく耳に届いていたが、とくに気にはならなかった。当時のパリ……欧州の夏は過ごしやすいと思い込んでいたからだ。

ところが、パリに着いて驚いた。猛烈に暑い。おまけに湿気もひどい。東京にも勝るほどの不快な暑さだった。最近、欧州の異常な猛暑がニュース等で伝えられることが多くなった。昨年はフランスで45度!!

史上最高の温度が記録された。今年も、パリで7月末に42.6度! 72年ぶりの記録更新とのこと。でも、35年ほど前のパリ行きに際して、「猛暑」の意識はまるでなかった。「少し暑くても、カラッとしていて過ごしやすい暑さ」といったイメージしかなかった。

次ページ老舗の高級ホテルに、あるものがなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT