HSBC中国製造業PMI、下方修正

4月改定値は48.1、速報値48.3から低下

 5月5日、HSBC/マークイットが発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は48.1で、速報値の48.3から下方修正された。写真は中国の国旗。北京で昨年4月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 5日 ロイター] - HSBC/マークイットが5日発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は48.1で、速報値の48.3から下方修正された。8カ月ぶり低水準となった3月の48.0からは小幅に上昇した。

HSBC/マークイットの製造業PMIは、2014年初めから景気の拡大と縮小の節目である50を割り込んでいる。

4月は生産と新規受注が縮小した。前月は持ち直していた新規輸出受注も、縮小に転じた。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏は新規輸出受注や雇用のサブ指数が共に縮小を示す水準となり、速報値を下方修正したと指摘。「製造業、経済全般の勢いが引き続き失われていることを示した」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。