HSBC中国製造業PMI、下方修正

4月改定値は48.1、速報値48.3から低下

 5月5日、HSBC/マークイットが発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は48.1で、速報値の48.3から下方修正された。写真は中国の国旗。北京で昨年4月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 5日 ロイター] - HSBC/マークイットが5日発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は48.1で、速報値の48.3から下方修正された。8カ月ぶり低水準となった3月の48.0からは小幅に上昇した。

HSBC/マークイットの製造業PMIは、2014年初めから景気の拡大と縮小の節目である50を割り込んでいる。

4月は生産と新規受注が縮小した。前月は持ち直していた新規輸出受注も、縮小に転じた。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏は新規輸出受注や雇用のサブ指数が共に縮小を示す水準となり、速報値を下方修正したと指摘。「製造業、経済全般の勢いが引き続き失われていることを示した」と述べた。

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。