HSBC中国製造業PMI、下方修正

4月改定値は48.1、速報値48.3から低下

 5月5日、HSBC/マークイットが発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は48.1で、速報値の48.3から下方修正された。写真は中国の国旗。北京で昨年4月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 5日 ロイター] - HSBC/マークイットが5日発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は48.1で、速報値の48.3から下方修正された。8カ月ぶり低水準となった3月の48.0からは小幅に上昇した。

HSBC/マークイットの製造業PMIは、2014年初めから景気の拡大と縮小の節目である50を割り込んでいる。

4月は生産と新規受注が縮小した。前月は持ち直していた新規輸出受注も、縮小に転じた。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏は新規輸出受注や雇用のサブ指数が共に縮小を示す水準となり、速報値を下方修正したと指摘。「製造業、経済全般の勢いが引き続き失われていることを示した」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT