HSBC中国製造業PMI、下方修正

4月改定値は48.1、速報値48.3から低下

 5月5日、HSBC/マークイットが発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は48.1で、速報値の48.3から下方修正された。写真は中国の国旗。北京で昨年4月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[北京 5日 ロイター] - HSBC/マークイットが5日発表した4月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は48.1で、速報値の48.3から下方修正された。8カ月ぶり低水準となった3月の48.0からは小幅に上昇した。

HSBC/マークイットの製造業PMIは、2014年初めから景気の拡大と縮小の節目である50を割り込んでいる。

4月は生産と新規受注が縮小した。前月は持ち直していた新規輸出受注も、縮小に転じた。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏は新規輸出受注や雇用のサブ指数が共に縮小を示す水準となり、速報値を下方修正したと指摘。「製造業、経済全般の勢いが引き続き失われていることを示した」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。