ソフトバンクG、アマゾン株を12億ドル保有 

アップルやネットフリックス株などにも投資

ソフトバンクグループは17日、米アマゾン・ドット・コムの株式約12億ドルを保有していると、規制当局への提出文書で明らかにした。2018年10月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は17日、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の株式約12億ドルを保有していると、規制当局への提出文書で明らかにした。

孫正義会長兼社長は11日、投資運用子会社を設立したことを明らかにし、アマゾンやアップル、フェイスブックなど主にIT関連株を対象に余剰資金を運用する考えを示していた。

アマゾン以外には、動画配信サービスのネットフリックス<NFLX.O>、電気自動車メーカーのテスラ<TSLA.O>、マイクロソフト<MSFT.O>、アルファベット<GOOGL.O>の株式なども保有。

また、半導体メーカーのエヌビディア<NVDA.O>株も2億2000万ドル相当取得。報道によると、ソフトバンクGは現在、傘下の英アーム売却でエヌビディアと協議している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT