米新規失業保険申請件数は予想外の増加

2月以来の高水準、34.4万件に

 5月1日、米新規失業保険申請件数は34万4000件で、2月以来の高水準となった。写真はニューヨークの就職フェア会場で4月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米労働省が1日発表した4月26日終了週の新規失業保険申請件数は、前週比で1万4000件増の34万4000件で、2月以来の高水準となった。アナリストは31万9000件への減少を見込んでおり、予想外の増加となった。

ただ、回復基調を維持していることも示唆した。

19日終了週分は、前回発表より1000件多い33万件に修正された。

この時期の申請件数は例年、イースター(復活祭)などの祝日と重なり、季節的な変動要因の調整が困難なため、振れが激しいとされている。

労働市場のすう勢をより正確に示すとされる、4週間移動平均は3000件増の32万件と、小幅な伸びにとどまった。

19日終了週の受給総数は9万7000件増の277万件だった。

人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。