ユーロ相場、8日のECB追加緩和に注目

敏腕アナリストが分析する為替相場

ユーロが高止まりするなか、8日のECB理事会では、量的緩和があるのか。ドラギ総裁を中心としたECBの決断に市場の注目が高まる(ロイター/アフロ)

市場予想に反して、ユーロ高が継続

右表を見ていただきたい。2013年後半以降のユーロ相場を見ると、当初の市場コンセンサスに反して大幅なユーロ高が進んでいる。

2013年6月末の時点では、市場ではユーロ/ドルが当時の1ユーロ=1.30ドルから同年末までには1.27まで下落することが想定されていた。

だが、実際の相場は1.37までユーロ高が進み、2013年を締めくくった。足元は1.38台前後まで一段高となっている。一方、ユーロ/円相場も昨年6月の1ユーロ=129円から同年末までに132円までの上昇にとどまるとの予想に対し、実際の市場は同年末に144円まで上昇した(足元は141円前後)。

ECBのドラギ総裁は、3月ECB理事会後の記者会見で、2012年以降のユーロ高がインフレ率を0.4~0.5ポイント押し下げたとの見方を示したほか、4月13日の米ワシントンDCでの講演では「為替レートの上昇は、一段の金融緩和を必要とさせる」と述べた。実際、ユーロ圏HICP(消費者物価指数)の前年比上昇率は2013年6月のプラス1.6%から2014年3月にプラス0.5%まで減速した後、(イースター休暇の影響による)4月の反動も、プラス0.7%にとどまった。

次ページECB追加緩和の条件とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT