「政府は愚かだ」と批判する人が気づくべき真実

なぜ人々はコロナをさほど恐れなくなったか

これは、行動経済学では古くから名前がつけられており、自分の都合のよいことだけ信じるのは、「確証バイアス」と呼ばれている。選挙で政治家が、事前調査で違う調査が出ると自分が優勢な調査だけ信じるとか、自分の買いたい株式について、良いニュースだけ信じるとか、さまざまな場面で観察される。

逆に、都合の悪いことに目をつぶるのは、「認知的不協和」と呼ばれ、無視する。ビジネス戦略を検討するときに、うまくいく可能性が80%を超えてくると、10数%のダウンサイドリスクは無視して、楽観してバンバン投資する(例えば日本航空との対比で、ここ数年のANAホールディングスはひとつの例かもしれない)ようなことがある。

ただ、ビジネスの投資の例で言うと、広告代理店や商社など、平成バブル期のイケイケのカルチャーが残っている業界と違って、例えば銀行業界など慎重な業界は「部長、リスクがあります、こういう事故が起きる可能性があります」、と言うと、投資はストップされる。「その事故の確率は1%以下なんじゃないの?」と聞くと部下は「確率はなんともいえませんし、たぶん大丈夫ですが、リスクがないとは言い切れません」、と言う。すると部長は「リスクがあるのか、じゃあ中止」、などとなってしまう。

「目立った軸」を中心に「選択肢」を評価

この差はどこから来るのか? 前述の例では、人間のタイプが違いすぎて適切な例ではないが、ハーバード大学のアンドレ・シュライファー教授らが提唱していた「Salience Theory」(Salienceは特徴、突出などの意)というものがあり、リスクや選択を迫られたときに、目立った軸を中心に選択肢を評価する、という理論がある。

これはコンセンサスが得られた理論ではないが、そういうこともあるかもしれない。ただ、この分野は発達途上で、行動経済学者に聞くよりも、人生経験豊富な人々に「脅しのテクニック」を学んだほうがいいかもしれない。いろんな勧誘商法は非常にこのような点を巧みに捉えており、消費者がどのような点に強く反応するか良くわかっているからだ。だが、もっとまともな話でも例は多数ある。

たとえば、今や若い世代は見たことがない人も出てきたかもしれないが、スマホ以前にはデジタルカメラ(デジカメ)というものがあり、ほぼ四半期ごとにモデルチェンジを繰り返した。しかも、ライバル製品に勝つためにひたすら、画素数を競っていた時代があった。1300万画素とか。日本のガラケーのディスプレイもカメラも、そういう競争をしていた時代があった。

しかし、実際には画素数は完全にオーバースペックで、1000万画素も誰も必要としないのである。では「メーカーは自己満足で競っていたか」、というとそうではない。消費者が、画素数の多いものにとにかく飛びつく、ということがあったから技術的には無駄な投資、マーケティング的には的確な投資をしていたのである。ただし、長い目で見れば、スマホにやられ、デジカメに投資していたこと自体が失敗だ、ということに現在から見ればなるだろうが。

結局、人間がどういうときに、微小確率を過大評価するのか、無視するのか、というのか、恐怖を煽ることをうまく使う、ということ以外はあまり経験則もなく、これから学問的にも発展途上である。またビジネス戦略としても常に儲かる探求分野である。

コロナ関連でも、政策担当者はマーケティングには優れているかもしれないが、私としては、普通にウイルスという感染症と淡々と静かに戦ってほしい(本編はここで終了です。次ページは競馬好きの筆者が週末のレースや競馬論を語るコーナーです。あらかじめご了承下さい)。

次ページここからは競馬コーナー。クイーンステークスの勝ち馬は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。