対ユーロで米ドルが上昇

独消費者物価指数が影響、欧州に追加緩和観測

 4月29日、中盤のニューヨーク外為市場は、ドルがユーロに対して上昇した。写真はドル紙幣。ジャカルタで2013年8月撮影(2014年 ロイター/Beawiharta)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 29日中盤のニューヨーク外為市場は、ドイツの消費者物価指数の上昇率が市場予想を下回ったことを受けて欧州中央銀行(ECB)が追加緩和に踏み切るとの観測が広まり、ドルがユーロに対して上昇した。

ドイツの4月の消費者物価指数(EU基準)速報値は、前年同月比で1.1%上昇で市場予想を下回った。ユーロ/ドルは、1.3812ドルまで下がった後、0.02%下落の1.3821ドルで取り引きされた。

一方、ドル/円

ポンド/ドル

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング