対ユーロで米ドルが上昇

独消費者物価指数が影響、欧州に追加緩和観測

 4月29日、中盤のニューヨーク外為市場は、ドルがユーロに対して上昇した。写真はドル紙幣。ジャカルタで2013年8月撮影(2014年 ロイター/Beawiharta)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 29日中盤のニューヨーク外為市場は、ドイツの消費者物価指数の上昇率が市場予想を下回ったことを受けて欧州中央銀行(ECB)が追加緩和に踏み切るとの観測が広まり、ドルがユーロに対して上昇した。

ドイツの4月の消費者物価指数(EU基準)速報値は、前年同月比で1.1%上昇で市場予想を下回った。ユーロ/ドルは、1.3812ドルまで下がった後、0.02%下落の1.3821ドルで取り引きされた。

一方、ドル/円

ポンド/ドル

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT