温室効果ガス25%削減に挑む--東芝が挑戦する“クリーンルーム大作戦”

温室効果ガス25%削減に挑む--東芝が挑戦する“クリーンルーム大作戦”

東芝は、温室効果ガス総排出量を1990年度から約半分に減らすことに成功している。

90年当時、東芝の温室効果ガス排出の7割以上は、半導体製造などで使われていたSF6(六フッ化硫黄)などCO2以外の温室効果ガスが占めていた。95年以降、これらの回収・再利用を進めたことで、温室効果ガス全体の排出量は大きく減った。

しかし、エネルギー起源CO2に限れば、90年以降も排出量の拡大が続いている。さらにこの先も事業拡大や工場新設を予定しているため、温室効果ガス排出量は再び増加傾向にある。

このため東芝は、事業拡大を前提としながらも温室効果ガス排出量の増加を2012年度までにとどめ、そこから減少させる方針を打ち出した。25年度には12年度比10%で削減を目指している。「カギを握るのは、半導体を中心にした電子デバイス事業でのCO2削減だ」と、東芝の環境推進部・実平喜好部長は明言する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT