温室効果ガス25%削減に挑む--東芝が挑戦する“クリーンルーム大作戦”

温室効果ガス25%削減に挑む--東芝が挑戦する“クリーンルーム大作戦”

東芝は、温室効果ガス総排出量を1990年度から約半分に減らすことに成功している。

90年当時、東芝の温室効果ガス排出の7割以上は、半導体製造などで使われていたSF6(六フッ化硫黄)などCO2以外の温室効果ガスが占めていた。95年以降、これらの回収・再利用を進めたことで、温室効果ガス全体の排出量は大きく減った。

しかし、エネルギー起源CO2に限れば、90年以降も排出量の拡大が続いている。さらにこの先も事業拡大や工場新設を予定しているため、温室効果ガス排出量は再び増加傾向にある。

このため東芝は、事業拡大を前提としながらも温室効果ガス排出量の増加を2012年度までにとどめ、そこから減少させる方針を打ち出した。25年度には12年度比10%で削減を目指している。「カギを握るのは、半導体を中心にした電子デバイス事業でのCO2削減だ」と、東芝の環境推進部・実平喜好部長は明言する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT