温室効果ガス25%削減に挑む--東芝が挑戦する“クリーンルーム大作戦”

温室効果ガス25%削減に挑む--東芝が挑戦する“クリーンルーム大作戦”

東芝は、温室効果ガス総排出量を1990年度から約半分に減らすことに成功している。

90年当時、東芝の温室効果ガス排出の7割以上は、半導体製造などで使われていたSF6(六フッ化硫黄)などCO2以外の温室効果ガスが占めていた。95年以降、これらの回収・再利用を進めたことで、温室効果ガス全体の排出量は大きく減った。

しかし、エネルギー起源CO2に限れば、90年以降も排出量の拡大が続いている。さらにこの先も事業拡大や工場新設を予定しているため、温室効果ガス排出量は再び増加傾向にある。

このため東芝は、事業拡大を前提としながらも温室効果ガス排出量の増加を2012年度までにとどめ、そこから減少させる方針を打ち出した。25年度には12年度比10%で削減を目指している。「カギを握るのは、半導体を中心にした電子デバイス事業でのCO2削減だ」と、東芝の環境推進部・実平喜好部長は明言する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT