トヨタが米事業をダラスに集約へ

販売子会社を移転、2016年末までに完了

 4月28日、トヨタ自動車は、米国の販売子会社の本社をカリフォルニア州ロサンゼルス郊外のトーランスからテキサス州ダラス郊外に移転すると発表。写真はトーランスの社屋(2014年 ロイター/Kevork Djansezian)

[ニューヨーク/デトロイト 28日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は28日、米国の販売子会社の本社をカリフォルニア州ロサンゼルス郊外のトーランスからテキサス州ダラス郊外に移転すると発表した。

ケンタッキー州アーランガーの工場の一部従業員と、ニューヨーク市の従業員もテキサス州に移転。これにより、トヨタの販売、マーケティング、広告、品質管理を含む米事業の大部分がテキサス州プラノに集約される。

移転は今夏に開始し、2016年末までに完了。約4000人の従業員が移転することになる。

トヨタはテキサス州サンアントニオにトラックの組立工場を保有。このほか、ケンタッキー州、インディアナ州、ミシシッピ州などに合計8つの工場を持っている。

トヨタは1957年からカリフォルニア州に拠点を置いていた。 トーランスでは雇用の5%以上をトヨタが占め、最大の雇用主となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。