「家政夫ナギサさん」に見る女性たちの今の本音

何でもできる男性家政夫に求めているのは

アラサー世代はまだ親が元気で頼れる人も多いが、甘え過ぎると関係が悪くなってしまいかねない。自立を脅かされるリスクもある。一方で、仕事は責任が重くなる時期でもある。子供を産む人もいる。多忙なのに、生活面でのキャリアが浅いことから、いっぱいいっぱいになりがちなのが、アラサー世代だ。

「家事」は誰がやってもいい

家政夫を男性に設定したことは、2つのメッセージを含む。1つは、家事は女性がやるべきものという思い込みを脱し、誰がやってもいいこと。そして、かっこいい仕事になり得るというイメージを伝える。

家事は、つまらない雑用などではなく、モノをきちんと整える整理能力や、バランスの良い料理を作るクリエイティビティや技術力など、多面的な能力を要する仕事だと、改めて気づかせてくれる期待もある。

もう1つ気になるのが、無自覚に娘へ「呪いの言葉」をかけてきた、専業主婦の母親との関係だ。実は、家事の問題は、スキル以前に親との関係や刷り込みが、心理的な縛りになっている。メイが母の呪いを解くことができれば、もしかすると視聴者の「女性は家事ができてー人前」「家事は女性がやるべき」という心の縛りから解放できるかもしれない。

コロナ禍で時間に余裕ができて、手間のかかる料理をした、という人や、在宅勤務になった夫の参加が増えた、という人は多い。家事は嫌な仕事だと思っている人が必ずしも多いわけではない。

必要なのはゆとりであり、そうした余裕を持つためには外注も選択肢に入る。家事に対するさまざまな思い込みから、男女が自由になることが必要な時代が到来している。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。