長瀬智也退所、TOKIO法人化に得心しかない理由

悲しさや驚きよりも感動が上回るコメント

松岡さんが「『先代(ジャニー喜多川さん)からもらった名前をつぶすわけにはいかない』という気持ちはありました」と語っていたように、屋号にこだわることで恩義を示したことも彼らの株を上げました。やはり長年一線級のタレントとして活動してきた彼らは、一流ならではのプレゼン力があるようです。

加えて、発表翌朝の「めざましテレビ」(フジテレビ系)で後輩の伊野尾慧さんが「『こんな道もあるんだよ』と後輩に道を示してくれた」とコメントしていたように、株式会社TOKIOはアイドルにおけるセカンドステージの選択肢を増やすモデルケースにもなるでしょう。

最後にもう1つ忘れてはいけないのは、長瀬さんの退所は来年3月であり、8カ月前に発表されたこと。ファン(顧客)にショックを与えず、関係者(取引先)に迷惑をかけることなく、時間的な猶予を与えたことも含めて、非の打ち所がない決断と言ってもいいでしょう。

「期待感をわずかに残す」のはスターならでは

これまで何度か長瀬さんの退所をめぐってメディアがあおり、憶測ではやし立てたことがありましたが、彼らは揺らぐことなく互いを尊重し、周囲に配慮したうえで、堂々と次の道を歩みはじめたのです。発表後、これまでのような活躍は見られなくなるにもかかわらず、「元気をもらった気がする」などのポジティブな声が目立つのは、彼らの言葉からメンバー間の信頼・感謝・尊重の気持ちを感じたからではないでしょうか。

先月19日にジャニーズ事務所を退社した手越祐也さんは「円満退社」をアピールしていましたが、唐突かつ強引な感は否めませんでした。ただ、個人の人生を考えると手越さんが悪いということではなく、「長瀬さんも同じようにできたけど、それをよしとしなかった」「TOKIOの絆や包容力が凄かった」という見方が適切なのかもしれません。

松岡さんは長瀬さんが再びTOKIOに関わる可能性について聞かれたとき、「『絶対ない』とは言えない」と答えました。「互いの活動が軌道に乗ったら、再び集まることがあるかもしれない」という期待感をわずかに残すコメントはスターならではであり、一流のビジネスパーソンにも相通じるものがあります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT