高円寺に「サブカル好き」が多く集まる歴史事情

「中央線沿線に住むこと」が若者の憧れだった

つまり、東京は西へと発展していき、サラリーマン層、学生層の増加がそれを下支えしていくことによって、中央線沿線の独自文化の萌芽につながっていく。その結果の1つが、井伏鱒二、太宰治などが集住した「阿佐ヶ谷文士村」であろう。井伏鱒二は『荻窪風土記』でこんなことを書いている。

新宿郊外の中央沿線方面には三流作家が移り、世田谷方面には左翼作家が移り、大森方面には流行作家が移つていく。それが常識だと言ふ者がゐた。(略)
荻窪方面など昼間にドテラを着て歩いてゐても、近所の者が後指を指すやうなことはないと言ふ者がゐた。貧乏な文学青年を標榜する者には好都合のところである。
(井伏鱒二『荻窪風土記』新潮文庫)

学生層の増大が中央線文化に寄与した

サラリーマンによる地域経済発展への貢献もさることながら、文化的な寄与を見ていくと、注目すべきは学生層の増大だろう。中央線は、交通インフラの発展により、都心部の学生の居住地にもなっていく。明治大学、法政大学、中央大学などは、中央線の東側にあり、地方出身学生がそこよりも安価な居住スペースを確保するためには、新宿以西が好環境だった。

隈研吾、清野由美『新・ムラ論TOKYO』では、中央線文化に言及している。以下は、高円寺に安めのアパートやワンルームマンションが多いことに着目しての会話である。

隈:建物の中央に共同の玄関があって、左右に六畳とかの部屋が並んでいる形式ですね。本郷とか早稲田とか、昔の学生街によくあった作りですね。
清野:そのような受け皿を温床に、地方から出てきた学生やフリーターが、最初に一人暮らしを始める町なんですね。中央線沿線というのが、また大学や専門学校の多いところですし。
(隈研吾、清野由美『新・ムラ論TOKYO』集英社新書)

また、ライブハウス「ロフト」の創業者・平野悠は、機関誌『ROOF TOP』で、次のように述べている。

次ページ中央線文化が盛り上がった70〜80年代
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT