男性が管理職になったときに必ずぶち当たる壁

「部下の気持ちなんて、わかりたくもない」

「心」に関心のない男性たち

人に興味がない。人の感情の移り変わり、ちょっとした心映えや、ささやかな人間模様・ドラマに、関心がない。

その代わり、目に見える数字は大好きで、成果を上げるためなら無理をしてでも頑張れる。その際、心のセンサーは鈍感にしておかざるをえない(でないと、パフォーマンスが落ちる)。

……これは理系のみならず、多くの男性ビジネスマンに共通する特徴です。

その延長で、彼らは「恋愛」にほとほと関心がありません。「人のピュアな気持ちの結晶であり、目に見えるものは何も残らない、だからこそ美しいフィクション」=「恋愛」は彼らにとって、「ああ、女たちが好きなアレね」ぐらいにしか映っていないのです。

実際、この連載も「職場の心理学」というタイトルがついている時点で、多くの男性は興味がないのでは? 読んでくださっているのは女性だけなのでは? と邪推したくなるほどです。

若手社員の頃は、楽しく数字と成果だけを追っていればよかった男性たちも、管理職になると「部下の心をつかむ」という新たなミッションを課されます(時には女性の部下の心を)。「人の気持ちなんてどうでもいい」では済まなくなった彼らの多くは、その複雑さを前に呆然と立ちつくすしかありません。

もちろん、中には「一生現場」「生涯マイペース」を貫ける人もいるでしょう。ですが、多くのビジネスマンは年次を重ねるうちに多かれ少なかれ「芸風」を変える必要が出てきます。「目に見えるもの」だけでなく、「目に見えないもの」にも関心を持つ。その切り替えが、中堅男性社員たちにとって大きな課題となっています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT