名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉 河本敏浩著

名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉 河本敏浩著

中学レベルの英語や数学がわからなくとも今の日本では大学生になることができる。もちろん勉強をしない高校生は世界中にいるし、勉強せずに大学に入れる国も多いが、大学に入ってからも勉強せずに基礎学力すら欠いたままで卒業できるのは日本ぐらい。

なぜこうした「名ばかり大学生」が増加したのか。

それは勉強を進路選択から切り離し、単に受験の成果のみに結びつけてしまった日本型教育制度に原因があると、予備校講師の傍ら教育コンサルタントとして、高校生の学力低下問題に取り組む著者はいう。

小手先の小・中・高校改革に警鐘を鳴らし、問題は学力論ではなく大学論にあり、そのシステムや選抜試験のあり方こそ見直すべきと提言する。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT