名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉 河本敏浩著

名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉 河本敏浩著

中学レベルの英語や数学がわからなくとも今の日本では大学生になることができる。もちろん勉強をしない高校生は世界中にいるし、勉強せずに大学に入れる国も多いが、大学に入ってからも勉強せずに基礎学力すら欠いたままで卒業できるのは日本ぐらい。

なぜこうした「名ばかり大学生」が増加したのか。

それは勉強を進路選択から切り離し、単に受験の成果のみに結びつけてしまった日本型教育制度に原因があると、予備校講師の傍ら教育コンサルタントとして、高校生の学力低下問題に取り組む著者はいう。

小手先の小・中・高校改革に警鐘を鳴らし、問題は学力論ではなく大学論にあり、そのシステムや選抜試験のあり方こそ見直すべきと提言する。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。