グリーン資本主義 グローバル「危機」克服の条件 佐和隆光著

グリーン資本主義 グローバル「危機」克服の条件 佐和隆光著

21世紀は「環境の世紀」といわれる。地球温暖化と気候変動がますます深刻化し、それへの関心が空前の高まりを見せ、環境制約を打ち破ることが技術革新の標的となり、そうした技術革新が経済成長を牽引するからだ。

これからの資本主義経済を牽引するのは、新興国・発展途上国における耐久消費財の着実な普及を促進するグローバル・ケインズ主義的施策と、先進国におけるグリーン・ニューディール政策の組み合わせなのである。

著名経済学者が「温室効果ガスの排出削減は経済成長を阻害する」との主張の誤りを正し、エコ製品の開発・普及を牽引力とする「グリーン資本主義」の時代の到来を予想する。

岩波新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT