グリーン資本主義 グローバル「危機」克服の条件 佐和隆光著

グリーン資本主義 グローバル「危機」克服の条件 佐和隆光著

21世紀は「環境の世紀」といわれる。地球温暖化と気候変動がますます深刻化し、それへの関心が空前の高まりを見せ、環境制約を打ち破ることが技術革新の標的となり、そうした技術革新が経済成長を牽引するからだ。

これからの資本主義経済を牽引するのは、新興国・発展途上国における耐久消費財の着実な普及を促進するグローバル・ケインズ主義的施策と、先進国におけるグリーン・ニューディール政策の組み合わせなのである。

著名経済学者が「温室効果ガスの排出削減は経済成長を阻害する」との主張の誤りを正し、エコ製品の開発・普及を牽引力とする「グリーン資本主義」の時代の到来を予想する。

岩波新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。