「児童手当」満額もらえない人の不都合な事情

同じ年収や家族構成でも支給額で3倍の差も?

子どもの将来に備えて「児童手当」を受給し、しっかり貯めていきたい。ただし、満額もらうためには、ややこしい制度上のルールを攻略する必要がある(写真:polkadot/PIXTA)

「児童手当」は、中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の子どもを育てている人に対して、主に行政(在住の自治体)から支給される手当です。子どもの教育費などを準備するうえで、30代、40代の子育て世帯にとっては「助かる制度」といえるでしょう。

筆者はファイナンシャルプランナーとして、子育て中の30代、40代の方々からご相談をたくさん受けています。でも、これはちょっと問題だと思うのは、今児童手当を受給していても「実は制度の仕組みについてはよくわからない」という人が少なくないことです。児童手当の制度をきちんと理解していないと、手当をもらえなかったり、金額が減ったりということにもなりかねません。

中でも、児童手当の「所得制限」の仕組みはややこしく、勘違いしやすいと思います。今回は、2020年現在の所得制限のルールに絞って、具体的なケースとともに説明しましょう。

年収も家族構成も同じなのに、支給額に3倍の格差

まずは、下の2つの表を見比べてください。AさんとBさんの家族、どちらも夫が会社員で妻はパート勤務、そして2歳の子どもを育てています。ところが、毎月の児童手当の額に3倍の開きがあります。

妻の年収によって所得制限額は変わる

Aさんの年収は890万円、一方でBさんは880万円で、大差がありません。年齢も、ほぼ同じ。それなのにAさんのほうが毎月1万円多く児童手当を受給しているのです。どうしてこのような違いが起こるのでしょうか?

次ページ「所得制限額」は年収とまったく異なる
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。