米キャタピラー、通年見通しを引き上げ

第1四半期は増益、建設業界からの需要増加

 キャタピラーのロゴマーク。デトロイトで2013年1月撮影。(2014年 ロイター/Rebecca Cook)

[24日 ロイター] - 米重機大手のキャタピラーが24日発表した第1・四半期決算によると、純利益が9億2200万ドル(1株当たり1.61ドル)となり、前年同期の8億8000万ドル(同1.32ドル)から増加した。リストラ関連費用を含む1株当たり利益は1.44ドル。

売上高は132億4000万ドルと、前年同期比ほぼ横ばいだった。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均は、1株当たり利益が1.24ドル、売上高が131億5000万ドルだった。

建設業界からの需要が増加していることを受け、キャタピラーは通年の利益予想を1株当たり6.10ドルとし、従来の5.85ドルから引き上げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。