米キャタピラー、通年見通しを引き上げ

第1四半期は増益、建設業界からの需要増加

 キャタピラーのロゴマーク。デトロイトで2013年1月撮影。(2014年 ロイター/Rebecca Cook)

[24日 ロイター] - 米重機大手のキャタピラーが24日発表した第1・四半期決算によると、純利益が9億2200万ドル(1株当たり1.61ドル)となり、前年同期の8億8000万ドル(同1.32ドル)から増加した。リストラ関連費用を含む1株当たり利益は1.44ドル。

売上高は132億4000万ドルと、前年同期比ほぼ横ばいだった。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均は、1株当たり利益が1.24ドル、売上高が131億5000万ドルだった。

建設業界からの需要が増加していることを受け、キャタピラーは通年の利益予想を1株当たり6.10ドルとし、従来の5.85ドルから引き上げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT