米キャタピラー、通年見通しを引き上げ

第1四半期は増益、建設業界からの需要増加

 キャタピラーのロゴマーク。デトロイトで2013年1月撮影。(2014年 ロイター/Rebecca Cook)

[24日 ロイター] - 米重機大手のキャタピラーが24日発表した第1・四半期決算によると、純利益が9億2200万ドル(1株当たり1.61ドル)となり、前年同期の8億8000万ドル(同1.32ドル)から増加した。リストラ関連費用を含む1株当たり利益は1.44ドル。

売上高は132億4000万ドルと、前年同期比ほぼ横ばいだった。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均は、1株当たり利益が1.24ドル、売上高が131億5000万ドルだった。

建設業界からの需要が増加していることを受け、キャタピラーは通年の利益予想を1株当たり6.10ドルとし、従来の5.85ドルから引き上げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT