米キャタピラー、通年見通しを引き上げ

第1四半期は増益、建設業界からの需要増加

 キャタピラーのロゴマーク。デトロイトで2013年1月撮影。(2014年 ロイター/Rebecca Cook)

[24日 ロイター] - 米重機大手のキャタピラーが24日発表した第1・四半期決算によると、純利益が9億2200万ドル(1株当たり1.61ドル)となり、前年同期の8億8000万ドル(同1.32ドル)から増加した。リストラ関連費用を含む1株当たり利益は1.44ドル。

売上高は132億4000万ドルと、前年同期比ほぼ横ばいだった。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均は、1株当たり利益が1.24ドル、売上高が131億5000万ドルだった。

建設業界からの需要が増加していることを受け、キャタピラーは通年の利益予想を1株当たり6.10ドルとし、従来の5.85ドルから引き上げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。