IFRSの導入を日本の資本市場活性化の好機に--ジェームス・クィグリー デロイト トウシュ トーマツCEO


--IFRSは原則主義(プリンシプルベース)ですから、導入時にある程度の解釈が必要となる。それを担うのはデロイトなど4大会計グループとなるのでしょうか。

まさにそれが今後、われわれが取り組むべき挑戦というか課題だ。プリンシプルベースになればなるほど、実際の実行において多様性が出てくる。どの程度の多様性が許容されるか、あるいはいいのか悪いのか、そこをきちんと見て、しかるべき許容性の中に当てはめていくことが重要だ。そのガイドラインを出す源泉が4大会計グループになると思う。

ただ4大グループは一つのソースにすぎない。われわれ以外に、各国でスタンダードを決める機関があるのだから、そこからもガイドラインは出てくるかもしれない。たとえば日本の企業会計基準委員会がガイドラインを出してくるかもしれない。

また、IFRSを作成するIASB(国際会計基準審議会)自らが原則ベースの基準に加えて、インプリメンテーション(実行のガイドライン)を出し、バラツキをなくすよう指導するケースもあるだろう。
 ただ、いわゆるルールベースのものから原則ベースのものに移っていく橋渡しをするのは、やはりわれわれ専門家の判断だと考える。

--デロイト トウシュ トーマツは会計部門とコンサルタント部門の両方を持っています。業務運営上、利益相反にならない仕組みをどのように構築しているのですか。

われわれは戦略的な判断として、企業をセグメントするのではなく、マーケットをセグメントしようと決めた。そのための手続きも整備している。だから、監査・法的サービスを提供する相手先に対しては、規制上あるいは法律上禁じられている他のサービスを提供しないという体制は作り上げている。われわれは総合的なプロのサービスを提供していくビジネスモデルを選んだ。それこそが正しい選択だと確信している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。