強まるマグロ包囲網、絶滅危惧種に指定も、欧州では不買運動も拡大中



 地中海ではいけすに囲い込み、半年かけて餌を与え続けて全身トロへと変貌させる畜養ビジネスが盛んだ。同地域からの輸入量は、1998年の5・7万トンから2007年には3~4倍に拡大。おかげで、回転ずしで大トロが大量消費され、量販店でも安売りされるようになった。

だが、トロの大量生産は資源枯渇を招いた。日本や米国など48カ国が加盟する大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)では毎年、クロマグロの漁獲枠を決めるが、国ごとに資源保護の姿勢にはバラツキがある。

「06年は漁獲枠3・2万トンに対し漁獲量は約2倍と推計。管理は失敗しており、資源回復には今すぐ一時的な禁漁が必要」と世界自然保護基金(WWF)ジャパンは問題視する。

相次ぐ非難を受けて、ICCATは昨年11月の年次会合で10年の漁獲枠を前年比4割減の1万3500トンにまで減らすと発表した。ワシントン条約会議を前に、大幅削減の姿勢をアピールすることで、大西洋産の全面禁輸を回避したいとの思惑があるが、目標順守には畜養マグロの縮小は避けられない。

日本のマグロ養殖も漁獲規制の対象に

このまま漁獲規制が強まれば国内の供給量減少に拍車がかかるとみられるが、足元の国内相場はむしろ下落の一途をたどっている。

背景にはあるのは景気悪化による需要減だ。飲食店を中心に高価なクロマグロは敬遠され、在庫が膨張。「在庫は1年半分」(水産卸売業者)という状況下、昨年11月の冷凍マグロ価格はキロ当たり1661円と、前年同月比7割近くまで沈んだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT