生活保障 排除しない社会へ 宮本太郎著

生活保障 排除しない社会へ 宮本太郎著

社会保障制度の破綻、不安定な雇用、格差の広がりなど、いま多くの人が生活に何らかの不安を抱えている。こうした現状を分析し、この状態からいかに脱却するかを模索したのが本書である。

政治学者である著者が説くのが「生活保障」という考え方で、社会保障と雇用が連携し経済の発展と結び付けて実現される包括的なシステムのことである。特に就労および積極的な求職活動を社会保障給付の条件とする北欧の国々が提唱する「アクティベーション」という考え方を重視。

併せて、家族、職場、あるいはご近所といったコミュニティが希薄になりつつあるなか、人々が社会とつながる「生きる場」をどのように提供していくかなども論じる。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。