生活保障 排除しない社会へ 宮本太郎著

生活保障 排除しない社会へ 宮本太郎著

社会保障制度の破綻、不安定な雇用、格差の広がりなど、いま多くの人が生活に何らかの不安を抱えている。こうした現状を分析し、この状態からいかに脱却するかを模索したのが本書である。

政治学者である著者が説くのが「生活保障」という考え方で、社会保障と雇用が連携し経済の発展と結び付けて実現される包括的なシステムのことである。特に就労および積極的な求職活動を社会保障給付の条件とする北欧の国々が提唱する「アクティベーション」という考え方を重視。

併せて、家族、職場、あるいはご近所といったコミュニティが希薄になりつつあるなか、人々が社会とつながる「生きる場」をどのように提供していくかなども論じる。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。