世界を知る力 寺島実郎著

世界を知る力 寺島実郎著

冷戦が終結して20年が過ぎた。長く続いた戦後体制は、民主党政権の誕生とともに名実ともに変わろうとしている。

アメリカを通じてしか世界を見なくなった戦後日本人が、その思考停止状態を脱するには、「世界を知る」ことが必要であり、それは自らを相対化し客観視する過程なくして磨かれないと、著者は説く。

いま本当の意味の、誰もが自己主張できる「グローバリズム」が模索され、国境を超えるネットワークが、うねりのような相関のなかで、世界を動かす。

「世界を知る」とは、「時空を超える視座」によって、「相関という知」を踏まえて、「分散型ネットワーク時代」をとらえることだ。

民主党の「外交ブレーン」といわれる著者の書き下ろし。

PHP新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT