コカ・コーラ パークが挑戦するエコシステム・マーケティング 江端浩人・本荘修二著~自社・共同メディア駆使のマーケティングの将来図とは

拡大
縮小
コカ・コーラ パークが挑戦するエコシステム・マーケティング 江端浩人・本荘修二著~自社・共同メディア駆使のマーケティングの将来図とは

評者 黒田康史 YSコンサルティング代表

今、マーケティングが面白い。ゲームのルールが根底から変わりつつあるからだ。インターネットの普及によって、容易に消費者が情報発信でき、消費者同士がつながることができるようになった。企業はもはや消費者パワーを無視できなくなり、従来のメディア中心の、一方的で効果もよくわからないマス・マーケティングの力は、確実に弱まってきたといえよう。

本書では、気鋭のマーケッターとコンサルタントが、コカ・コーラ パーク等、豊富な先進事例を紹介しながら、マーケティングの将来図を示しており、大変刺激的だ。その中心にあるのは、企業が自社メディアを駆使して消費者と直接つながることでより確かな結果を生み出し、またパートナーと組むことで大きな相乗効果を生みだす「エコシステム・マーケティング」だ。

エコシステム・マーケティングには、パートナー・エコシステムとコンシューマー・エコシステムの二つの要素がある。前者で注目すべきは、事業会社同士が組むことで強力なメディアとなり、従来のメディア企業の存在意義が薄れ、メディア業界、広告業界の構造改革が進むことだ。とはいえ事業会社のほうも、自社メディア開発には長期的な視点が必要で、今から始めないと手遅れになることは肝に銘じておくべきだろう。この点、これまでマス・マーケティングの最大の利用者であったコカ・コーラの新しい試みは注目に値する。一方後者においても、「IMC」や「エンゲージメント」等、注目すべき点は多い。また、著者の指摘する携帯の重要性も「目からウロコ」の感がある。

将来のビジョンや方向性だけでなく、マーケティングの本来あるべき姿をも浮き彫りにする本書を一読するのは、マーケッターでなくとも非常に有意義ではないだろうか。

えばた・ひろと
日本コカ・コーラ インターラクティブマーケティング統括部長。米国生まれ。2005年より現職。上智大学経済学部卒業、スタンフォード大学MBA。

ほんじょう・しゅうじ
本荘事務所代表、多摩大学客員教授。ボストンコンサルティンググループなどを経る。東京大学工学部卒業、ペンシルベニア大学MBA。

ファーストプレス 1680円 213ページ

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT