自分の顔を「絵でデコる」若者たちの密かな狙い

インスタ「萎え」「映え」の後に来る新潮流

4. vsco
vscoの事例(写真:筆者提供)

これは写真にフィルター加工ができるアプリで、このアプリ内でも加工した画像を投稿してシェアすることができる。最近の若者の間で「レトロブーム」があることから、フィルムカメラの人気が出ているが、高価であるためハードルが高い。しかしこのアプリなら、フィルムカメラで撮ったような写真に加工することができる。

カラフルな写真でもフィルターをかけることで、うるさい写真にならず、淡い雰囲気になる。

また、Instagramのプロフィール欄に「VSCO」のアカウントのURLを添付する人もいる。これにより、Instagramとは違った自身の世界観をアピールすることもできる。

まとめ

このように、ただシンプルなだけでも、カラフルなだけでもない、ほどよい「ガチャエモ」。最近の若者たちは、こうした写真を好み、SNSに投稿するようになっている。

シンプルなものはどうしても雰囲気が似てしまい、オリジナリティーが出せない。一方、フィルターなどをうまく使うことによって、派手な写真をほどほどにエモく加工することができる。アレンジがしやすく、ほかの人と被らない写真になるため、好まれているのではないだろうか。

原田の総評:「インスタ映え」の次なる形

学生たちのレポートはいかがでしたでしょうか。

初期のインスタ映えとは、「派手なモノ」を掲載することを意味していました。ところが、派手なインスタ映えが世に増えすぎ、「インスタ萎え」という言葉も生まれ、それに食傷気味になった若者たちは、ここ数年、「シンプルで洗練されたモノ」を掲載することを「インスタ映え」と再定義し、楽しむようになっていました。

しかし、シンプルなインスタ映えも増えすぎ、食傷気味になり、今、まさに生まれつつある新しい「インスタ映え」が、今回の原稿の「ガチャエモ」ということになるわけです。

そもそも「エモい」とは、英語の「emotional」からきた「感動した状態」を意味する若者言葉ですが、エモさを感じさせる商品は若者にとってはかなり前からあって目新しさがない。また、ガチャガチャしたモノだけだとあまりに幼なすぎる。ただし、この2つが組み合わさると、「新しいインスタ映え」にもなるし、自分たちにも新鮮に思えるというわけです。

こうした流れを踏まえ、今、この新しい「ガチャエモ」という流れが生まれてきたようです。若者向けの商品を開発する企業は、この「ガチャエモ」をマーケティング活動のヒントにしていくといいのではないかと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT