河井前法相夫妻、「逮捕でガス抜き」の皮算用

野党の追及は尻すぼみ、焦点は解散と人事へ

6月17日の衆院本会議を終え、国会議事堂を出る河井克行前法相(写真:時事)

河井克行前法相と夫人の案里参院議員が6月18日、公職選挙法違反(買収)容疑で検察当局に逮捕された。

大方が予想した通りの国会閉幕直後の逮捕劇。17日に自民党を離党した河井夫妻だが、安倍晋三首相ら官邸中枢と親密だった。2019年秋の内閣改造人事での克行氏を法相に起用した責任も含めて、安倍首相には手痛い打撃となった。

「不安材料」一掃で出直し狙う

一方、夫妻逮捕への一連の経過などから「政治的に仕組まれた、政権批判へのガス抜き」(閣僚経験者)との声も出る。17日の国会閉幕に合わせて、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画の事実上の白紙化や検察官の定年延長のための検察庁法改正案の廃案・見直しも含め、「政権の不安材料を在庫一掃することによる出直し作戦」(自民長老)ともみえるからだ。

案里氏が初当選した2019年夏の参院広島選挙区での選挙活動をめぐり、地元政界へ幅広く現金を配ったとの疑いで検察当局は18日、河井夫妻の逮捕に踏み切った。

参院選で河井陣営に異例の1億5000万円もの選挙資金をつぎ込んだ自民党本部も捜査対象となっており、安倍政権へのダメージは深刻だ。

法務行政のトップを務めたばかりの政治家の逮捕は前代未聞だ。野党も「憲政史上にもない大失態」(玉木雄一郎・国民民主党代表)として、夫妻の議員辞職勧告決議案の提出を検討するなど徹底攻撃の構えだ。

次ページ逮捕は政治的には織り込み済みだが…
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。