自分は洗脳されていないと思う人の大きな誤解

世の中はすべて洗脳、悪い方向に行かない為に

また、「自分はだまされにくい」と思い込んでいる人も厳しい。人間はそんなに賢くありません。自分に批判的になることが大事ですし、自分の力を見誤ると、あまりいいことはありません。

オレオレ詐欺にしても振り込め詐欺にしても、もちろんだますほうが悪い。でも「宝くじが当たる方法を教えますので振り込んでください」といった言葉でだまされているとすれば、それはあまり同情できないというか、ハッキリ言ってバカです。

「自分はだまされやすいんだ、だまされてもいいや」という前提で生きていきましょう。

すべては洗脳である

これも前提の話になるのですが、世の中にあることのすべては洗脳です。「洗脳するな!」とか「洗脳はよくない」ということがしきりに言われていますが、私は洗脳について必ずしも「悪」だとは思っていません。

どういうことか。洗脳というと、単一の思想で人々の思考を染めることがイメージされますが、これにはグラデーションの問題があります。つまり、「ものを盗んではいけない」と教えることが洗脳かどうかと言われれば洗脳なわけですし、「人を叩いちゃいけないよ」というのも洗脳です。私の娘は息子を叩きますから。子どもは子どもを叩きます。

でも、「人を叩いちゃだめだよ」と繰り返し言い聞かせると、人を叩かなくなってきます。これは洗脳そのものだと思いませんか?

また、学校教育も洗脳中の洗脳です。「みんなで仲良くしましょう」とか「明るく元気でいましょう」とか、すべてが洗脳です。組織にしても「この時間に来なければならない」とか、「遅刻したら怒られる」とか、全部洗脳なのです。そう、「世の中は洗脳だらけ」なのです。

その前提で、そのなかにもいい洗脳と悪い洗脳があります。悪い洗脳とは、社会規範に大きく反する洗脳で、これは問題視されてしかるべきです。ですから、社会でちゃんと生きていこうという気があるなら、社会的に問題のない洗脳をすべきだということです。

情報の記録や伝達、保管などに使われる装置のことを「メディア」と言います。メディアと言われて思い浮かぶ代表と言えば、新聞や雑誌、テレビ、そしてSNSをはじめとしたインターネットメディアなどが挙げられます。このメディアに情報が乗せられて広く伝えられるわけです。先にも言いましたが、「学校教育」も洗脳の1つであり、近代国家が発明した1種のシステムで、子どもにものを教えるというメディアなわけです。

次ページ人間の倫理や宗教はメディアの進化とともに変化
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。