星占いのしくみ 運勢の「いい」「悪い」はどうやって決まるのか? 石井ゆかり、鏡リュウジ著

星占いのしくみ 運勢の「いい」「悪い」はどうやって決まるのか? 石井ゆかり、鏡リュウジ著

星占い、いわゆる西洋占星術の発祥は紀元前のバビロニアだという。ヘレニズム文化では天文学と占星術は未分化のものであり、占星術の発展は天文学の発達に伴うものだった。

20世紀に入ると、ユング心理学の影響からホロスコープの中に、心理学的な要素を見いだす心理占星術というアプローチが生じている。

テレビや雑誌を通して私たちの生活に浸透している星占い。信じる信じないにかかわらず、誰もが自分の星座くらいは知っているだろう。しかしその占い方のしくみを知る人は少ない。

本書は人気占いサイトを主宰する著者による入門書。科学技術が発達した現代において、星占いというメッセージをいかに読み説くか、その秘密を解き明かす。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。