日経平均が2万3386円まで上昇する3つの根拠

6月の「アフターコロナ相場」はどうなるのか

③については、今まで海外のモノ言う投資家は、日本の上場企業に対して「カネを貯め込むのはまったくダメな経営だ。もっと株主還元や積極投資に使え」と言い続けてきた。それが徐々に動き出したところへこのコロナショックである。

日本企業には相対的に十分な体力がある。目先の厳しい業績の低下は避けようがないが、配当金は多くの企業は維持し、大幅減益にもかかわらず増配をする企業まである。ゼロ金利の時代に利回りを取るのは株しかないという雰囲気が、特に個人投資家の間で高まっている。

「全値戻し」どころか「倍返し」の可能性さえある

また、株価の3要素と言われる「1ファンダメンタルズ 2需給 3人気」からの視点で考えると、今は企業業績を含む経済指標では買える局面ではない。そのため、この株価上昇は、2の需給と3の人気ということになる。

需給は前述の通り、売られすぎ、売りすぎの反動や高水準の空売りの買戻しももちろんある。だが、根本的に「株価はカネ対株の量で決まる」(石井独眼流語録から)。

カネは、言うまでもなく量的緩和で膨らみ続けている。一方、株は自己株消却でその数を減らしている。モノ(株)よりもカネが多ければモノ(株)価が上がるのは経済の基本だ。人気についてはウォーレンバ・フェット氏さえも恐怖を感じた3月から、経済活動再開に伴い人々の気持ちは落ち着きはじめ、今では「ウイズコロナ」(コロナと共に)などと言い始めるほどになった。

では、これからどうなるかだが、「このトレンドに付け」と言い続けてきた筆者の気持ちは変わらない。それどころか、「全値戻し」の次は「倍返し」もあると思っている。

「株は安いところで買って高いところで売る」のが基本だが、上昇トレンドが出た時には「高いところで買って、さらに高いところで売れ」となる。

現在形で言うと「高いところで買って、新値を取ったらさらに高いところで買え」だ。「高いところ」というのは「ロスカットポイント」の上という意味だ。上がり続けてきたロスカットポイントは、現在5月22日の引け値である2万0388円のところにある。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT