先行きは不透明ながら、企業の雇用意欲回復の可能性も

先行きは不透明ながら、企業の雇用意欲回復の可能性も

2011年卒対象の新卒採用活動が、いよいよ本格化する。民主党政権が混乱し、景気の不透明感が強いなか、企業の採用見通しはどのようになっているのか?

リクルート ワークス研究所は、企業の採用見通しに関する調査を全国6889社に対して行った(有効回答4400社)。この調査によると、景気回復の度合いをにらみ、企業の来年度採用は不透明感が強まっていることがわかる。しかし、不透明感がすなわち採用抑制につながるわけではなく、採用増加となることもありうるようだ。

景気動向によっては採用意欲を高める

調査では、2011年卒対象の大学生・大学院生の新卒採用見通しは「増える」(5.5%)が「減る」(9.3%)を下回った。また、「採用見通しがわからない」と回答した企業が36.6%と前年の調査に比べて11.5ポイントの大幅増加となった。

企業業績は回復傾向にあるが、二番底懸念、円高、民主党政権の混乱などから景気は先行き不透明として、採用予定を決めかねている企業が多い。

一方、「自社に人材が不足する部門がない」と回答した企業でも新卒採用は「増える」が4%、「変えない」が49.2%と企業の新卒採用意欲は底堅いことがわかる。

このところ就職氷河期といった報道が多いが、今後の景気動向によっては採用意欲を高める企業が多くなる可能性もある。

業種別に見ると「繊維」では「増える」(10.3%)が「減る」(3.4%)を上回っている。繊維とはいっても、IT・エレクトロニクス関連や自動車部品へ事業展開する企業が多い。さらに、新型インフルエンザ流行でマスクが伸び、業績は回復傾向にあることから雇用意欲が強まっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT