「遊びの時間が足りない子」の結構残念な行く末

子どもでいられる時間の重要な意味と意義

幼稚園や学校では、学科の勉強がますます早期に始まり、テストでよい成績を取ることに焦点を当てた授業を増やし(座っている時間を長くし)、タワー作り、鬼ごっこ、お店屋さんごっこなどをする「遊びの時間」がどんどん減っている。ほかにも現代的な社会の力が、遊びの領域を侵害している。テレビやネット、ゲームなどが、子どもの生活と心のなかで幅をきかせてきたからだ。

習いごとや勉強が、有害なわけではない。しかし、それが遊びとどんどん置き換わっていくと、本当の問題が現れる。遊びは、人間や他の哺乳類の適切な発達に、なくてはならないものだからだ。遊びたいという欲求と衝動は、根深い原始的な哺乳類の衝動で、生存や仲間とのつながりへの本能的な衝動と同じく、脳の本能的な部分に関わっているからだ。

「ただ遊ぶ」ことの重要性

精神科医で「遊び」の研究者でもあるスチュアート・ブラウンによると、死刑囚監房にいる殺人犯たちの小児期には2つの共通点があるそうだ。1つは彼らがなんらかの形で虐待されていたこと、そしてもう1つは、子どもらしく、遊ばせてもらえなかったことだ。

『「自己肯定感」を高める子育て』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

この研究は、小児期をピアノの稽古や科学キャンプ、学習塾などの時間ばかりに費やすのではなく、子どもが子どもらしく「ただ遊ぶ」ことの重要性を指摘している。

音楽や科学や学業はもちろん大切だし、テレビやネットを見たりすること、プログラミングをする時間にも意味がある。当たり前だが、わたしたちは子どもが技能を習得することに反対してはいない。特別な才能への深い情熱があるなら、その情熱を追いかけるべきだ。

しかし、だ。想像したり、好奇心を働かせたり、単純に遊んだりする機会を奪ってはいけない。それらはすべて、子どもが成長し、発達し、自分を見つけるのに役立つのだから。

こんなふうに考えてほしい。自由な遊びは、「自己肯定感を育てる活動」と言える。自由な遊びは、体系化されたスポーツとはまったくことなる。どちらにも、子どもの生活のなかで役割がある。運動競技では、一方のチームが勝ってもう一方が負けるというルールと共通の枠組があり、善悪を判断する感覚が身につく。自由な遊びの時間を持たせると、子どもは文字どおり、自由に自分の想像力を探れるのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT