英ヴァージン航空CEO、コロナの影響「壊滅的」

3150人削減、発着空港も集約でキャッシュ確保

英ヴァージン・アトランティック航空は5日、従業員3150人を削減すると発表した。ロンドンのヒースロー空港で撮影(2020年 ロイター/TOBY MELVILLE)

[ロンドン 5日 ロイター] - 英ヴァージン・アトランティック航空は5日、従業員3150人を削減すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による業績への打撃を食い止めるため、コスト削減に踏み切る。

ヴァージンのワイス最高経営責任者(CEO)は「36年前の就航以来、多くの嵐を切り抜けてきたが、今回の新型コロナほど壊滅的ではなかった。コストを削減してキャッシュを確保し、可能な限り雇用を守るために一段の行動が必要な時だ」とし、需要に応じたリストラを通じ2021年に黒字を回復することが極めて重要と強調した。

さらに、ロンドン・ガトウィック空港での発着を停止し、ヒースロー空港に集約する方針を示した。

ヴァージンは同社の創業者で富豪のリチャード・ブランソン氏が51%を保有し、米デルタ航空<DAL.N>が49%出資する。

インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)<ICAG.L>も先週、傘下の英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)が最大1万2000人分の雇用を削減する可能性があると明らかにしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT