44歳男性が「猫動画」で脱サラするまでの経緯

音楽業界から予備校講師、ユーチューバに

当時、塾がユーチューブで情報を発信することは珍しく、反響は大きかった。こうして趣味の猫動画に加えて、仕事でもユーチューブを使うようになり、動画の経験値を積んでいったわけだ。

「ユーチューブは視聴者の反応がすぐに数字として出てくる。そういう中で、自分のエゴとしてではなく、どうしたら見ている人に楽しんでもらえるか、という視点でコンテンツをブラッシュアップしていった」と獅子目氏は振り返る。

発信し続けることで選択肢が増えた

そして、2019年3月、16年間勤めた予備校から独立。オンラインで英語講師をやりながら、9月にはこれまでの経験を生かして、ユーチューバーの支援や、企業・地方自治体の動画利用を助けるE-ステージを立ち上げた。

これからは、地方自治体の動画配信に力を入れたいという獅子目氏(写真:小幡 三佐子)

自身がユーチューバーであることから、“同業者”に出会う機会も多く、「過去のアミューズで勤めた経験もあるので、こういう才能のある人たちがさらに活躍できる場を作れないかな、と考えるようになった」(獅子目氏)。すでに人気LINEスタンプアーティストや、プロ振付師などの支援を始めている。

今後はとくに、地方自治体によるユーチューブ利用を促したいという思いが強い。「例えば奄美大島は今年、世界遺産になる予定だけれど、伝統工芸である大島紬には担い手がいないなど、いろいろな問題を抱えている。鹿児島県でいえば、お茶やうなぎの産地なのに、あまり全国には知られていない。プロモーションが下手なんです」と獅子目氏。「ユーチューブなど動画を活用すれば、地元のいいものをもっと広くに届けられるのでは」。すでに、「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクと組んで、各地方の名産をユーチューブで紹介する支援を始めている。

音楽業界から予備校講師、そしてユーチューバー兼動画配信支援と獅子目氏のキャリアは目まぐるしく変わっているように見えるが、実は趣味も含めた過去の経験がキャリアを広げる役割を果たしている。音楽業界時代に得た動画やプロモーションの経験が、猫や塾の動画作りによって磨かれ、今に至っている。

その間、大きかったのは、会社員でありながら週1回、外に向けて発信し続けたこと。「発信し続けると、そこでPDCAを回して改善を図ったりするので、それ自体が学びになるし、さらにアンテナを広げようという気持ちにもなる。発信することは、自分の趣味だけではなく、仕事にもすごく生きた」(獅子目氏)。

努力して「安定の〇〇」を手にしたとしても、不確定要素の多い現代社会ではそれが一生の安泰につながるとは限らない。突然独立するとなるとハードルは高いが、自分の経験に基づいて、少しずつ収入源を多様化していった獅子目氏から学べるところはありそうだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT