レムデシビルの新型コロナ臨床試験、結果良好

早期投与で高い効果の可能性、株価は急上昇

米製薬ギリアド・サイエンシズは29日、新型コロナウイルス感染症治験薬「レムデシビル」の臨床試験で前向きなデータが得られたと明らかにした。カリフォルニア州フォスターシティーで2018年5月撮影(2020年 ロイター/Stephen Lam)

[29日 ロイター] - 米製薬ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>は29日、新型コロナウイルス感染症治験薬「レムデシビル」の臨床試験で前向きなデータが得られたと明らかにした。

試験では新型コロナ感染症の入院患者397人を対象に5日間および10日間のレムデシビルの安全性と有効性を調べた。

ギリアドによると、早期にレムデシビルを投与された患者の62%が退院。一方、遅れてレムデシビルを投与された患者では49%が退院した。治療の早い段階でレムデシビルを投与すれば、より高い効果がある可能性が示された。

新型コロナの有望な治療薬として注目を集めているレムデシビルを巡っては、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)も無作為抽出による二重盲検試験を実施しており、早ければ5月半ばまでに暫定試験結果が明らかになる可能性があるという。

米株式市場午前の取引でギリアドの株価は4%超上昇した。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。