楽天モバイル綱渡りの携帯参入に勝算はあるか

大手3社に風穴開けるべく対抗策もテコ入れ

今後の楽天モバイルがアップルのiPhone(アイフォーン)が利用できるのかについても、シェア拡大の成否を決める大きなポイントとなりそうだ。

楽天の4GサービスではiPhoneは動作保証対象外となっているが、民間調査会社MM総研の調査によると、2019年の国内スマートフォン出荷台数で、アップルは約4割を占めておりトップを維持し続けている。国際的にはiPhoneは高級機種とされ、海外では2割程度のマーケットシェアが普通だ。日本人の「アップル信仰」が依然として強く、大手3社が取り扱いを決める中で、楽天モバイルだけが販売しないとなれば、シェア拡大の大きな障害となる。

楽天モバイルは6月に次世代通信規格「5G」のサービスも発表するとしているが、アップルが今秋以降に発売する5G版iPhoneが5G普及の引き金になると言われる中、利用者に対しiPhoneを提供できないとなれば、日本市場での苦戦は避けられない。

消費者としては第4極としての楽天が必要

3月末に、大手3社からは5Gサービスの料金プランが発表された。だが、通信業界の横並び感を印象づけただけで、「契約者を金のなる木としてしか見ていない」実情が明らかになっただけであった。

携帯電話業界は3社が似たようなサービス価格を提供していれば、安定的な収益が見込めるだけに、無理してケンカする必要はないというわけだ。

楽天には本来そのような業界に対して、健全な競争原理を持ち込むよう期待されて参入した経緯がある。

楽天以外にそれが実現できそうな企業がない以上、三木谷社長が「3社に殴り込みをかける」「携帯業界に革命を起こす」との宣言どおり、楽天モバイルはどこまで暴れることができるのか。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。