スズキがインドでシェア50%超を維持する理由

世界5位の大市場で販売台数はトヨタの10倍

ニーズに合わせたラインナップの豊富さはマルチ・スズキの強みだが、これは現地の販売規模が大きなマルチ・スズキだからできる力業とも言える。

販売店の多さも顧客にとって重要だ。マルチ・スズキは現在、インド国内に約3000もの店舗を持つ(商用車販売店や上級チャンネルのNEXA店も含む)。これはインドでシェア2位につける現代の約1300拠点に対して、圧倒的に多い。

購入だけでなく、あとあとのメンテナンスなどアフターサービスを考えても、販売拠点数の多さ、つまり顧客の近くに店舗があることは、ユーザーに選んでもらうための大きな強みとなる。

2030年、インドは1000万台市場になる?

スズキがインドに強い理由。それはなにより同社がインドの自動車黎明期に市場へ参入し、その後40年近くにわたって現地のモータリゼーションの発達の中心となり、成長してきたからにほかならない。

インドの自動車産業は、マルチ・スズキを中心に動いているといっても過言ではない状況なのだ。だから、他を寄せ付けないのである。

インド市場はまだまだ成長の余地がある(筆者撮影)

現在、インドの自動車市場は世界5位だが、巨大な人口を抱えるマーケットだけに、経済成長に伴って日本やドイツを抜き、アメリカや中国に迫る可能性が高いと予測されている。10年後の2030年には現在の約3倍に相当する“1000万台市場”になるという推測もあるほどだ。

スズキは、ここ10年で北米や中国から4輪事業を撤退した。それは言い方を変えれば、自動車としては大きなマーケットだが、同社にとってはインドの2割にも満たない市場でもある。

そこを捨てることによって、インドに経営資源を集中するという意思表明だ。鈴木修会長は「1000万台市場でもシェア50%を確保するために、逆算して計画を立てていく」と拡大戦略を描く。

スズキ自身にとっては、海外をインドだけに頼る「インド一本足打法」のリスクがないわけではないが、この先インドが1000万台市場になったとしても、マルチ・スズキのポジションを脅かす自動車メーカーが登場するのは、そう簡単なことではないだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT