スズキがインドでシェア50%超を維持する理由

世界5位の大市場で販売台数はトヨタの10倍

2020年2月に開催された「デリーオートエクスポ」のスズキブースにて(筆者撮影)

日本で道路を走るクルマを見て、「トヨタ車が多い」と感じている人は多いことだろう。昨年、日本では新車として約431万台の乗用車(普通乗用車+小型乗用車+軽自動車)が販売され、そのうち136万5501台がトヨタブランド車(OEMモデルや軽自動車も含む乗用車)だった。市場シェアは31.5%となる。

ときには「トヨタ車のひとり勝ち」と言われることもある日本の新車乗用車市場だが、その割合は3台に1台程度。言い方を変えれば、市場シェアが30%ほどあればかなりの優勢と判断できるのだ。

ところが世界には、大きな市場ながら日本のとある自動車メーカーのシェアが50%を超えている、とんでもない新車マーケットを持つ国がある。インドだ。その驚異的なシェアを誇るメーカーは「スズキ」である。

世界5位の市場で約170万台を販売

現地企業との合弁ですすめる「マルチ・スズキ・インディア(以下:マルチ・スズキ)」のインドにおける販売台数は、2017年度(2017年4月~2018年3月)には164万3467台。これは、乗用車市場のシェア50.0%で、「2台に1台がスズキ」という状況だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

2018年度には172万9826台を販売し、市場シェアは51.2%とさらに上昇。市場シェアはもちろんのこと、台数でいっても、日本で売れているトヨタ車よりもインドで売れているスズキ車のほうが多いのだから驚かずにはいられない。

2019年も4月から12月までの累計で、スズキ車は106万4560台を販売。もちろん市場シェア50%を超えている。

14億人弱と中国に次いで世界で2番目に多くの人口を抱えているインドは、自動車マーケットとしては世界第5位の規模だ。

2019年の世界の販売実績(商用車やトラック・バスを含む)を見ると、トップは中国で約2577万台。次がアメリカ合衆国の約1748万台、以下約520万台の日本、約402万台のドイツ、そして約382万台のインドという順番だ。

街を走るクルマを見ても実際にスズキ車が多いことを痛感する(筆者撮影)

そんなインド市場は、マルチ・スズキをトップに、韓国の「現代(ヒュンダイ)」、同じく「起亜」、そして地元インドの「タタ・モーターズ」と「マヒンドラ&マヒンドラ」が2020年2月の販売上位の5メーカーとなる。

ただし2番手の現代でも、同時期の販売台数は4万10台と、13万3702台を売るマルチ・スズキの3割以下にとどまる。“スズキ独走”といえる市場勢力分布なのだ。

次ページトヨタはスズキの1/10以下
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。