豪航空会社2位のヴァージンが破産手続きへ

経営難に新型コロナ危機がさらなる追い打ち

オーストラリア第2位の航空会社ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスは21日、自社の資本構成を変更し、より強固な財務基盤を得るため、任意管理に入ると発表した。シドニーで3月撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 20日 ロイター] - オーストラリア第2位の航空会社ヴァージン・オーストラリア・ホールディングス<VAH.AX>が破産手続きに当たる任意管理手続きに入る方針を固めた。事情に詳しい関係筋2人が20日明らかにした。

50億豪ドル(32億米ドル)の負債を抱える同社は、新型コロナウイルス危機の影響で資金繰りがさらに悪化していた。

同社は新型コロナ危機以前に7期連続で赤字を計上。金融支援と再編について協議を進める中、同社株は14日に売買停止になった。豪政府に14億豪ドルの融資を要請していた。

21日にも正式発表を行うという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT