「夏まで持たない」窮地のミニシアター救えるか

多くの映画関係者が資金集めに精力的に動く

名古屋駅の西口にある老舗ミニシアターのシネマスコーレ。4月13日から臨時休業している (写真:シネマスコーレ)

「ミニシアター」が存亡の瀬戸際だ。

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するために、4月7日に安倍晋三首相が全国7都道府県に対し緊急事態宣言を発令。そして16日にはその対象地域を全国に拡大した。

その間、テレビやネットの報道では連日、飲食店をはじめとした、資金繰りに困窮する個人商店の店主たちの悲痛な叫びが報じられ、胸が痛む思いだ。そして、映画館も東京都などの休業要請業種・施設の対象となり、全国的に休館を余儀なくされている。

「全国で唯一の感染者ゼロの県」である岩手県の盛岡中央映画劇場でさえも、ついに「4月20日の月曜日からの営業時間短縮、並びに4月24日の金曜日から緊急事態措置の指定する期間まで営業を休止」という決断するに至った。

このまだと夏を待たずに閉館・廃業

スクリーン数が1~3程度のいわゆるミニシアターは、シネコンに比べて体力面で圧倒的に劣ることもあり、深刻な状況になっている。

そもそも新型コロナウイルスが大きな問題となって以降、ミニシアターの集客は30~50%以上減少した。緊急事態宣言は5月6日を期限にしているが、感染拡大に歯止めがかかっておらず、さらに延長される可能性は高い。このまま経済的補償がないまま休業状態が続けば、夏を待たずに閉館・廃業するミニシアターが続出すると言われている。

次ページ現状の支援策では足りない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。