韓国アシアナ航空、「持ってあと2カ月」の土壇場

買収すべきか否か、悩みが深まるHDC・鄭会長

新型コロナウイルスの感染拡大は韓国の航空会社・アシアナ航空の経営を直撃している(写真:中央日報エコノミスト)

新型コロナウイルスの感染拡大によって世界の航空会社が大きな打撃を受けている。韓国2位の航空会社・アシアナ航空はさらなる苦境に立たされている。

経営危機が続く同社は、2019年に韓国建設業大手のHDC現代産業開発(HDC)がアシアナ航空買収の優先交渉対象者と決まり、買収手続きが進められていたところだった。だが今回、「アシアナ航空は崖っぷち」「自主経営ができるのも、長くてあと2カ月」という悲観的な声が聞こえている。

高まるアシアナ買収断念の可能性

「建設業からモビリティグループへ飛躍する」と主張し、アシアナ航空買収に名乗り出たHDCだが、同社の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長の悩みは深まっている。

航空業界は今回のコロナ危機により、事態がよくなる余地がどこにあるかさえわからない状況だ。そのため、HDC内外では、アシアナ航空を買収すべきか、それとも買収を断念すべきかで意見が分かれ、将来の成長のため買収を進めるべきだという立場と、買収を断念しなければ本業も危うくなるという立場の対立が深まっている。

HDCが買収の優先交渉対象者に選ばれた2019年11月当時と現在の状況は、まったく正反対になってしまった。当時、HDCはその豊富な資金力でアシアナ航空の経営を正常化できるとの期待が一気に高まっていた。

しかし、2019年度のアシアナ航空の業績は想定を下回り、4437億ウォン(約390億円)の営業赤字となってしまった。2020年に入るとコロナ危機によって、世界の航空業界は閉ざされた状況になった。2020年3月第4週の韓国の国際線旅客数は、前年比で95.5%減少している。3月29日から4月4日まで、ソウル・金浦国際空港の国際線利用客(乗り換え客を含む)は1人もいなかったほどだ。

次ページ政府支援なければ航空会社は破綻する
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT