韓国アシアナ航空、「持ってあと2カ月」の土壇場

買収すべきか否か、悩みが深まるHDC・鄭会長

新型コロナウイルスの感染拡大は韓国の航空会社・アシアナ航空の経営を直撃している(写真:中央日報エコノミスト)

新型コロナウイルスの感染拡大によって世界の航空会社が大きな打撃を受けている。韓国2位の航空会社・アシアナ航空はさらなる苦境に立たされている。

経営危機が続く同社は、2019年に韓国建設業大手のHDC現代産業開発(HDC)がアシアナ航空買収の優先交渉対象者と決まり、買収手続きが進められていたところだった。だが今回、「アシアナ航空は崖っぷち」「自主経営ができるのも、長くてあと2カ月」という悲観的な声が聞こえている。

高まるアシアナ買収断念の可能性

「建設業からモビリティグループへ飛躍する」と主張し、アシアナ航空買収に名乗り出たHDCだが、同社の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長の悩みは深まっている。

航空業界は今回のコロナ危機により、事態がよくなる余地がどこにあるかさえわからない状況だ。そのため、HDC内外では、アシアナ航空を買収すべきか、それとも買収を断念すべきかで意見が分かれ、将来の成長のため買収を進めるべきだという立場と、買収を断念しなければ本業も危うくなるという立場の対立が深まっている。

HDCが買収の優先交渉対象者に選ばれた2019年11月当時と現在の状況は、まったく正反対になってしまった。当時、HDCはその豊富な資金力でアシアナ航空の経営を正常化できるとの期待が一気に高まっていた。

しかし、2019年度のアシアナ航空の業績は想定を下回り、4437億ウォン(約390億円)の営業赤字となってしまった。2020年に入るとコロナ危機によって、世界の航空業界は閉ざされた状況になった。2020年3月第4週の韓国の国際線旅客数は、前年比で95.5%減少している。3月29日から4月4日まで、ソウル・金浦国際空港の国際線利用客(乗り換え客を含む)は1人もいなかったほどだ。

次ページ政府支援なければ航空会社は破綻する
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT