ライズ激売れで、ヴェゼルやC-HRが苦戦する訳

ダイハツがトヨタに供給するSUVが絶好調

2019年11月に発売されたトヨタの新型SUV「ライズ」(写真:トヨタ自動車)

2020年1月と2月の国内販売データを見ると、両月とも2019年11月に発売されたSUVのトヨタ・ライズが小型/普通車の販売1位になった(2020年3月はSUVカテゴリーの販売1位)。

ちなみに最近の小型/普通車の年間販売1位は、2017年がハイブリッド車のトヨタ・プリウス、2018年は日産ノート、2019年は再びプリウスであった。ノートもe-POWERの販売比率が70%を占めるため、全般的にハイブリッドの人気が高い。同じくハイブリッドのトヨタ・アクアも好調だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

この流れを考えると、SUVのカテゴリーに属するライズが売れ行きを伸ばしたことは注目に値する。SUVのトヨタC-HRも月別の登録台数で1位を取った経験はあるものの、2017年4月のみで、2カ月連続には至っていない。ライズの好調はSUVの快挙といえそうだ。

またライズは、ダイハツが開発と製造を行ってトヨタに供給するOEM車になる。OEM車が小型/普通車の販売1位になることも珍しい。

売れ行きの変動が大きいSUV

ライズが好調に売れる一方で、2017年と2018年にSUVの販売1位になったC-HR、2013年に登場して安定的に高い人気を保ってきたホンダ・ヴェゼルは、ライズと同様のコンパクトSUVでありながら登録台数を下げている。

横から見た「ライズ」(写真:トヨタ自動車)

つまりプリウス、ノート、アクアなどが安定的に高い売れ行きを維持するのに比べて、SUVは変動が大きい。ライズが販売1位になった背景にも、浮き沈みの大きなSUV特有の事情が絡む。

トヨタの販売店に尋ねると「ライズはトヨタ以外のメーカーを含めて、さまざまな車種のお客様が購入している。愛車の車検が残っていても乗り換えることが多く、発売直後に需要が集中した。そのためにライズの納期は、3カ月から4カ月と長い」という。トヨタの発表によると、ライズは2019年12月4日の時点で3万2000台を受注したが、これも発売直後に需要が集まった結果だ。

次ページC-HRにも同様の傾向があった
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT