《ディズニーの正体》東京ディズニーリゾート、リピーター獲得の秘訣

拡大
縮小


最もイベントが多い東京 10年春は「イースター」

同行形態による切り口は、季節ごとのイベントなどに反映させる。TDRでは年間を五つのシーズンに分けている。たとえば1~3月の冬期は学生など友達同士の来園が多い。夏休みの時期は地方の家族連れの比率が高まる。そしてクリスマスはカップル。そうしたシーズンごとの同行形態に応じて、イベントをきめ細かく実施していく。

「世界のディズニーランドの中でも、東京が最もイベントが多く、規模も大きい」(明石部長)。これまでもTDRは、前期の25周年のような周年イベントごとに入園客数を伸ばしている。大規模なイベントのテーマは3年前には決め、ほぼ1年をかけて作り込む。09年は9月からディズニーシーで初めてハロウィーンイベントを行った。それによって同月の来園客数は推定で2ケタ増となり、天候不順や新型インフルエンザで低調だった4~6月の遅れを一気に挽回した。

10年春には東京ディズニーランドで、初めてイースターのイベントを3カ月間かけて開催する計画だ。重要なのは、顧客ニーズを先取りすること。イベントやきめ細かい顧客向け施策の積み重ねが、TDRにリピーターを呼んでいる。


(週刊東洋経済)
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT