米失業保険申請が過去最多665万件、前週の2倍

市場の事前予想を大きく上回る衝撃的な数字

米労働省が2日発表した3月28日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は665万件と、前週の330万件から倍増し、2週連続で過去最多を更新した。ニューヨークで3月撮影(2019年 ロイター/ANDREW KELLY)

[ワシントン 2日 ロイター] - 米労働省が2日発表した3月28日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は664万8000件と、前週の330万7000件(上方改定)から倍増し、2週連続で過去最多を更新した。

新型コロナ感染拡大防止に向けて全米の多くの地域で施行されている外出制限措置が背景で、エコノミストは米経済のリセッション(景気後退)入りを警告する。

市場予想の中央値は350万件。最高でも525万件だった。

21日終了週の失業保険受給総数は302万9000件と、前週から124万5000件急増し、2013年7月6日終了週以来の高水準となった。

トランプ大統領が先週署名した2兆3000億ドル規模の大型経済対策法によって連邦政府の失業保険申請要件が緩和され、これまで申請資格のなかった一部の自営業者らによる申請が可能になったことも、増加の背景にあるとみられる。

JPモルガン・アセット・マネジメントの首席グローバルストラテジスト、デイビッド・ケリー氏は「試算では、新型コロナ流行の打撃を大きく被っている産業では1600万人超の雇用喪失の可能性がある」と予想。「こうした雇用喪失によって失業率は現在の約3.5%から12.5%に押し上げられる見通しで、これは世界大恐慌以来の高水準だ」と述べた。

2007─09年の景気後退期には、失業保険申請件数のピークは66万5000件だった。同時期には870万人の雇用が失われた。

今回の統計は、3日に発表される3月米雇用統計の集計には含まれない。ロイターがまとめたエコノミスト予想によると、非農業部門雇用者数は10万人減、失業率は3.8%。

ロイターの集計によると、これまでに米国内で確認されている新型コロナ感染者は21万4000人超と世界最多。死者も5000人に迫っている。

現時点で、国民の80%超が外出自粛や外出禁止などの移動制限下にあり、数週間前の50%から増加した。

*内容を追加しました。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT