“ハリボテ”人間はリーダーにはなれない

「建前上の自分」で生きていくのには、限界がある 

ほかにも、戦争で部下を亡くした人、結婚直前に婚約破棄された人、会社をクビになった人、幼い兄弟を亡くした人など、クラスメートは自分の人生の試練を語り合った。

人生におけるつらい試練は、その人を形作る。どんなに隠しても完全に闇に葬り去ることはできない。そうである以上、受け入れて自分の血肉に変えるほうがいいこともある。

HBSの学生たちは、授業の中で半ば強制的に人生の試練を思い出すことで、そこから何を学び、どのようなリーダーになりたいかを考えさせられる。

“ハリボテ”では伝わらない

僕にとって、ビジネススクールでこのような教育がされていることは、かなり衝撃的だった。ビジネスの世界では、つねにイメージやセルフブランディングといった“外面を整える”ことが大切にされ、そのためのさまざまなテクニックを学ぶ。特に欧米ではその傾向が強く、若いうちから自分のアピールポイントを認識し、自分の市場価値を上げることに、ときに躍起になっている。

ところが、そんな“ハリボテ”の人が、人を率いるリーダーになれるか。戦争では部下の命を預かり、ビジネスでは社員とその家族の生活を預かり、政治では国民の幸せを預かる。そういうリーダーがどうあるべきか。きっと求められているのは、偽善やリップサービスといった軽々しいものではなく、全身からしみ出るような人間性だ。

世界中でリーダーシップ論がはやっているが、本質的なリーダー論ではないことも多いように思う。知識やスキルといったテクニカルな部分は、学びと経験で身に付けることができるが、リーダーシップは誰かに教えられるものでなく、一生かけて自分から体得していくもの、と感じる。あなたが真のリーダー的存在を目指すとしたら、どんなリーダーになれそうだろうか?
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。