“ハリボテ”人間はリーダーにはなれない

「建前上の自分」で生きていくのには、限界がある 

ほかにも、戦争で部下を亡くした人、結婚直前に婚約破棄された人、会社をクビになった人、幼い兄弟を亡くした人など、クラスメートは自分の人生の試練を語り合った。

人生におけるつらい試練は、その人を形作る。どんなに隠しても完全に闇に葬り去ることはできない。そうである以上、受け入れて自分の血肉に変えるほうがいいこともある。

HBSの学生たちは、授業の中で半ば強制的に人生の試練を思い出すことで、そこから何を学び、どのようなリーダーになりたいかを考えさせられる。

“ハリボテ”では伝わらない

僕にとって、ビジネススクールでこのような教育がされていることは、かなり衝撃的だった。ビジネスの世界では、つねにイメージやセルフブランディングといった“外面を整える”ことが大切にされ、そのためのさまざまなテクニックを学ぶ。特に欧米ではその傾向が強く、若いうちから自分のアピールポイントを認識し、自分の市場価値を上げることに、ときに躍起になっている。

ところが、そんな“ハリボテ”の人が、人を率いるリーダーになれるか。戦争では部下の命を預かり、ビジネスでは社員とその家族の生活を預かり、政治では国民の幸せを預かる。そういうリーダーがどうあるべきか。きっと求められているのは、偽善やリップサービスといった軽々しいものではなく、全身からしみ出るような人間性だ。

世界中でリーダーシップ論がはやっているが、本質的なリーダー論ではないことも多いように思う。知識やスキルといったテクニカルな部分は、学びと経験で身に付けることができるが、リーダーシップは誰かに教えられるものでなく、一生かけて自分から体得していくもの、と感じる。あなたが真のリーダー的存在を目指すとしたら、どんなリーダーになれそうだろうか?
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT